スプレーマムの種類と花言葉

スプレーマムの種類と花言葉

ウエディングブーケにも使われるスプレーマム。
そんなスプレーマムの種類は?花言葉は?
スプレーマムというお花自体を知らないという方も多いでしょう。
今回はスプレーマムをご紹介していきます!

スプレーマムってどんなお花?

スプレーマムってどんなお花?

まず、スプレーマムの基本的な情報についてご紹介します。

  • 学名|Chrysanthemum morifolium
  • 科名|キク科
  • 属名|キク属
  • 和名|スプレー菊
  • 英名|Spray mum
  • 開花時期|10〜11月

以上がスプレーマムの基本データです。

スプレーマムは、原産地がアメリカです。
日本の菊「和菊」と違い海外で作られたお花なので「洋菊」「西洋菊」とも呼ばれています。

スプレーマムの特徴

スプレーマムは、1本の茎から枝分かれしてスプレー状にたくさんの花を咲かせます。
このことから「スプレーマム」という名前がつけられています。
日本の菊と比べると、明るい発色の品種が多いです。
花びらは、一重のものと二重のものがポピュラーです。
一重咲きと言っても、花芯が大きいもの小さいものもあり、模様が入っていたり、花色も違ってくるので
さらに細かく種類分けしていくとかなりの数になります。

スプレーマムはアレンジでどう使われる?

スプレーマムは、花束などにアレンジされるとき「フィラーフラワー」として使われます。
フィラーフラワーは、枝分かれした茎の先に小さい花をたくさん付けるお花を指します。
立体感をだしたり、空間を出すときに使われます。

スプレーマムの種類

スプレーマムは種類がたくさんあり、
「クッションマム」と呼ばれる手芸の針山のようにドーム状に花が咲くタイプや
「ポットマム」と呼ばれる鉢植えで育てるのが向いているタイプが有名です。
花の色は、白、ピンク、黄色、赤など暖色系が多いです。

スプレーマムの代表的な品種

他にもスプレーマムの代表的な品種をご紹介します。

セイアメリ

小さいピンクの花を咲かせる品種です。
葉の色も鮮やかで、他の花との相性もいいのでアレンジで使われることが多いです。
黄色、サーモンピンク、ピンクなど色ごとに品種があります。

セイアイシス

夏〜秋にかけて淡いピンクの花を咲かせます。
育てやすいことと、花の開きがいいことから幅広く使われています。

ジャーマンガーデンマム

ポットマムとして人気で、ヨーロッパではガーデニングの花の定番となっています。
色も豊富で、ドーム状に花を咲かせます。

スプレーマムのように「〜マム」は欧米の品種改良!

スプレーマムやポットマムのように「〜マム」というお花は、欧米で品種改良された菊の仲間です。

菊は英語でクリサンセマムと言います。
しかし長いので最後のマムだけ取って短く呼ばれています。
洋菊は日本の菊と比べて育てやすいので、家庭でのガーデニングにも向いています。

スプレーマムの花言葉

スプレーマムの花言葉

スプレーマムには
「清らかな愛」「高潔」「気持ちの探り合い」
という花言葉がついています。

スプレーマムの元の菊の花言葉

スプレーマムは、菊から品種改良されたお花です。
菊の色別の花言葉もご紹介します。

白色

白のキクには、
「真実」
という花言葉があります。

赤色

赤のキクには、
「愛情」
という花言葉があります。

黄色

黄色のキクには、
「破れた恋」
という花言葉があります。

花言葉を見ていると、キクに比べてスプレーマムは純粋さや気品があるので
ウエディングブーケにも使われているのが分かりますね!

スプレーマムは、育てやすくアレンジもしやすい!

日本の和菊のように花一つ一つの主張がそこまで無いため、アレンジがしやすいです。
1.2センチの小さい花をつける品種もあるので、アレンジで脇役として重宝されています。
育てやすいということもあるので、プレゼントにもぴったりのお花です。

ストックの種類と花言葉って?