スナップ(キンギョソウ)の種類と花言葉

スナップ(キンギョソウ)の種類と花言葉

春に花を咲かせ、つぎつぎと花が咲くので
春の期間ずっと楽しむことが出来るスナップ(キンギョソウ)。
鮮やかな色と開花時期が長いのでアレンジなどでもよく使われるお花ですが、
種類や花言葉はご存知ですか?
今回はスナップ(キンギョソウ)について、詳しくご紹介します!

スナップ(キンギョソウ)ってどんなお花?

スナップ(キンギョソウ)ってどんなお花?

まず初めに、スナップ(キンギョソウ)の基本的な情報です。

  • 学名|Antirrhinum majus
  • 科名|オオバコ科
  • 属名|キンギョソウ属
  • 和名|金魚草、スナップ
  • 英名|Snap Dragon
  • 開花時期|3〜6月

以上がスナップ(キンギョソウ)の基本データです。

スナップ(キンギョソウ)は、花の形が金魚に似ているのでキンギョソウとつけられました。
英名の意味は「かみつきドラゴン」です。
花の形がドラゴンの口っぽいのでこう名付けられました。

スナップ(キンギョソウ)はアレンジでどう使う?

スナップ(キンギョソウ)は、花束などにアレンジする時「ラインフラワー」として使われます。
ラインフラワーとは、一本の茎の線上に花をつけるお花です。
空間を出したり線を活かすアレンジで使われます。

スナップ(キンギョソウ)の特徴

スナップ(キンギョソウ)は元々はゴマノハグサ科でした。
ですが後からオオバコ科キンギョソウ属に分類されるようになりました。
原産地は南ヨーロッパから北アフリカで、地中海原産の多年草です。
日本では湿気が多いので、耐えることが難しく
一年草として扱われることもあります。
草丈は20〜120センチと品種により大きく差が出ます。
茎を伸ばし、その先に鮮やかな花を咲かせます。

注意!ストックと間違いやすい

名前も似ているのでスナップ(キンギョソウ)とストックは間違われやすいです。
ストックはスプレー咲きの品種もありますが、スナップ(キンギョソウ)は一本の品種だけです。
ストックの種類と花言葉

スナップ(キンギョソウ)の種類

スナップ(キンギョソウ)はヨーロッパで昔から品種改良が行われてきました。
定番の一重咲きだけでなく八重咲きやペンステモン咲きなどの品種も増えています。
花色は白、赤、ピンク、黄色、オレンジ、紫など種類豊富です。
葉に白や赤の斑が入ったものもあります。
葉だけでも楽しむこととできます。
草丈も品種よってバラバラなので、用途に応じて品種を使い分けることもできます。
草丈の低い「小型種」
中間くらいの「中間種」
草丈の高い「高性種」と分けて呼ばれます。
今回は特に人気がある、よく出回る品種をご紹介します。

ダンシングクイーン

葉に白っぽい色や紫の斑が入った品種です。
花が咲いていなくてもカラーリーフとして楽しむことができる人気の品種です。

アールグレイ

スナップ(キンギョソウ)の中でも草丈が15センチと低く、グランドカバーにも使える品種です。
春と夏に、白のフリルのような花をたくさん咲かせます。
シルバーリーフの葉も美しくて人気です。

F1 プリンセス

切り花も地植えもどちらも人気の品種です。
草丈は50〜60センチほどで、中間種に分けられます。
2色の花色を楽しむことができるお花です。

F1 パレット

草丈が低く、20〜30センチほどまでしか伸びません。
カラーバリエーションが豊富な品種で、
白、赤、ピンク、黄色、オレンジなど様々な種類があります。

スナップ(キンギョソウ)の花言葉

スナップ(キンギョソウ)の花言葉

スナップ(キンギョソウ)には
「おしゃべり」「でしゃばり」「おせっかい」「推測ではイヤ」
という花言葉がついています。

「おしゃべり」「でしゃばり」「おせっかい」
は、金魚に似た見た目の花が口をパクパクさせてお話しているように見える様から由来しています。

スナップ(キンギョソウ)は、カラーバリエーション豊富で様々な花色がありますが
色ごとの花言葉はありません。

スナップ(キンギョソウ)は葉も花も楽しめる!

スナップ(キンギョソウ)は、鮮やかな色の花も
もちろん楽しめますし、長く咲いてくれます。
葉も、斑が入ってたりシルバーリーフのものもあるので
花が咲いてない状態でも楽しめます。
このことからプレゼントしても喜ばれるお花ですが、
花言葉が気にする人は気にする言葉がついています。
プレゼントする際はそこだけ気をつけましょう。

ソリダスターの種類と花言葉って?