月に2回のお花の定期便【月1980円】|クヴェルフラワー 【ラグジュリア】プリザーブドフラワーのスペシャルギフト|クヴェルフラワー ソープフラワー人気ギフト!おすすめ18選|クヴェルフラワー プリザーブドフラワー人気ギフト!おすすめ18選|クヴェルフラワー 月に2回のお花の定期便【月1980円】|クヴェルフラワー 【ラグジュリア】プリザーブドフラワーのスペシャルギフト|クヴェルフラワー ソープフラワー人気ギフト!おすすめ18選|クヴェルフラワー プリザーブドフラワー人気ギフト!おすすめ18選|クヴェルフラワー

プリザーブドフラワーをプレゼントする心理とは?

生花に比べて長期間美しい雰囲気を保てることから、プリザーブドフラワーをプレゼントする人が増えています。

プレゼントとして人気のプリザーブドフラワーですが「どのような気持ちを伝える時に渡せばいいの?」と考える方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、プリザーブドフラワーをプレゼントする意味や心理について解説します。

プリザーブドフラワーが持つ意味とは?

プリザーブドフラワーの意味

本題であるプリザーブドフラワーが持つ意味はおもに「美しく生き続ける花を伝えること」です。

日本語訳では保存された・貯蔵されたという意味になり、直訳すると保存された花という意味になります。

また海外では、加工して作る・長期間保存できる食べ物という意味を持つこともあります。

「プリザーブドフラワー=美しく生き続ける」ということを覚えておきましょう。

実際にプレゼントするときの意味とは?

実際にプレゼントするときの意味とは?

プリザーブドフラワーをプレゼントするときの意味は人によって異なります。

しかし、プリザーブドフラワーは生花よりも長期間保存することが可能なことから一般的には、

  • 長生きしてほしい
  • 長く思い出に残ってほしい
  • 気軽にお花を楽しんでもらいたい

などの想いを込めてプレゼントすることが多い傾向です。

それぞれの想いをプリザーブドフラワーに込めて贈れば、相手にとっても良い思い出になるでしょう。

とはいえ、送り手に取って良いものであっても、受け手にとっては迷惑な場合があります。

  • プリザーブドフラワーのプレゼントが相手に迷惑にならないか心配
  • 受け手の気持ちを知りたい

など、プリザーブドフラワーを贈ることに抵抗がある人は「プレゼントにプリザーブドフラワーはいる?いらない?」の記事を参考にしてみてください▼

プレゼントにプリザーブドフラワーはいらない?

プレゼントにプリザーブドフラワーはいる?いらない?

花束や鉢植えではなくプリザーブドフラワーを選ぶ心理は?

プレゼントにプリザーブドフラワーを選ぶ心理として

  • 型崩れの心配がない
  • 持ち運びが簡単
  • 花のお世話が不要

などといった、心理があります。

また相手への気遣いが現れるプレゼントなので、記念事をお祝いしたいという気持ちを相手に汲み取ってもらいやすいでしょう。

生花のように定期的な手入れをする必要はもちろん、お花が崩れる心配もありません。

プリザーブドフラワーを贈るとともに相手にメッセージを送れば、より素敵なプレゼントになるでしょう。

花束の形をしたプリザーブドフラワーもあるので、生花と同じようにプレゼントを贈ることもできますよ!

花束についてもう少し詳しく知りたい方は「プリザーブドフラワーの花束って?」をご覧ください▼

プリザーブドフラワーの花束って?

プリザーブドフラワーの花束って?

プリザーブドフラワーの色ごとの心理的な印象とは?

プリザーブドフラワーの色ごとの心理的な印象とは?

プリザーブドフラワーを贈る心理や意味として

  • 気遣い
  • お祝い

などがあります。

またお花にはさまざまな色があり、与える心理的なイメージが異なります。

プリザーブドフラワーをプレゼントする際は下記の内容を参考にしてみてください。

色がもたらす心理的な効果って?

暖色・寒色・中性色と色は大きく分けて、3つに分類できます。

  • 暖色」は、あたたかみを感じさせる色。
  • 寒色」は、爽やかな印象を与える色。
  • 中性色」は、暖色でも寒色でもない色、個性的な色。

上記の項目は基本的なものなので覚えておきましょう。

では、それぞれを順番に解説していきます。

暖色の心理的イメージは?

  • 赤→活気、情熱
  • ピンク→清楚、癒し、華やか
  • オレンジ→親しみ、陽気
  • 黄色→希望、活気

赤色や黄色ははお祝いごとに向いています。

還暦祝いや記念日に最適です。

ピンクやオレンジは親しみを持ちやすく女性へのプレゼントに最適です。

柔らかな雰囲気を持っているため、良い印象を持たれやすいでしょう。

寒色の心理的イメージは?

寒色の代表「青」はさわやかで涼しげな印象を与えます。

誠実感、信頼感を感じさせるので落ち着いた雰囲気を演出できるでしょう。

また、同系色の「水色」は開放的な印象を与えます。

リラックス効果もあると言われており、寒色の中でも比較的受け入れられやすい色です。

中性色の心理的イメージは?

中性色の代表「紫」は優雅な印象を与えます。

一方で「薄い紫」気品とはかなさを与えます。

紫は高級感や大人の雰囲気を出したいときに使うといいでしょう。

「緑」は癒し、安らぎといった印象を与えます。

落ち着いた雰囲気を作るのに最適な色だといえるでしょう。

心理的印象は渡すシチュエーションやプリザーブドフラワーの色によって変わる!

今回はプリザーブドフラワーをプレゼントする意味や心理について解説しました。

プリザーブドフラワーをプレゼントする際は

  • 渡す相手やお祝いごとにプリザーブドフラワーは適切か
  • 相手に会った花の色かどうか

といったことを確認することが大切です。

心理的な印象は渡すシチュエーションや色によって異なります。

店頭でプリザーブドフラワーを購入する際は店員の方に相談することも可能です。

また、インターネットでプリザーブドフラワーを購入する際は「お花のプロがおすすめする!シーン別プリザーブドフラワー18選」を参考にしてみてください▼

プリザーブドフラワー おすすめ

誕生日・記念日のギフトにおすすめ!プリザーブドフラワー人気ランキング18選