プリザーブドフラワーをプレゼントする心理とは?

プリザーブドフラワーというお花をご存知でしょうか。
プリザーブドフラワーについて簡単に説明すると、
生花に特殊な加工を施すことでお花の美しさを長期保存できるようにしたものです。

プリザーブドフラワーは花束や鉢植えと違い、お手軽にプレゼントしやすい、生花と違って長期間美しい雰囲気を保てると最近プレゼントとして注目を浴びています。
プレゼントとして人気のプリザーブドフラワーですが、どのような気持ちを伝える時に渡せばいいの?と考える方も多いかと思います。

そこで今回はプリザーブドフラワーをプレゼントする意味や心理について解説していきます。
プリザーブドフラワーをプレゼントしようと考えている方、
プリザーブドフラワーをプレゼントに選ぼうとしているが、シチュエーションとして適しているのかが気になるといった方は是非参考にしてみてください。

プリザーブドフラワーが持つ意味とは?

プリザーブドフラワーがもつ意味とは、ズバリ美しく生き続ける花を伝えることです。

プリザーブドフラワーは前述のように長期間お花を良い状態で保つことが可能です。

プリザーブドフラワーのプリザーブドは文字通り「preserved」というような英語で表記されます。
日本語訳すると「保存された・貯蔵された」という意味があります。

全て英語を記載するとプリザーブドフラワーは「preserved flower」と書きます。
直訳すると「保存された花」という意味になります。

一方で海外では、preserveという単語は別の意味でも取ることができます。
加工して作る、長期間保存できる食べ物というように使われることが多いです。

実際にプレゼントするときの意味とは?

実際にプレゼントするときの意味とは?

プリザーブドフラワーの意味は理解できたかと思いますので、
続いてプレゼントするときの意味をご説明します。

先ほども述べたように、ざっくり説明するとプリザーブドフラワーはなるべく生花の状態を長期間保つことができるお花です。

ですので長期間保存が可能です。

プレゼントとしては思い出に残る記念として選ばれることが多いです。

花束や鉢植えではなくプリザーブドフラワーを選ぶ心理は?

花束や鉢植えといった形式でお花、生花をプレゼントされる方も多いかと思います。
実際にプレゼントとして花束や鉢植えをもらったことがある人も多いのではないでしょうか。

プレゼントしたことがある、されたことがある人は容易に想像できるかと思いますが、
花束のプレゼントは、渡した後に贈られた側の人が持ち運ぶことが難しかったり、贈る側も花束の形が崩れないように気を遣う必要が出てくるといった問題が出てきます。

また鉢植えの場合も、運搬が困難であったり、設置場所に困ってしまったりと、気持ちは嬉しいのですが、適切な状態での保存が難しい場合が多いのではないでしょうか。

一方、プリザーブドフラワーを贈るということであれば、
持ち運びが難しい、型崩れの心配も少ないため比較的にお手軽に配ることもできます。
心理的にも、相手への気遣いが現れるプレゼントになりますし、さらに記念をお祝いしたいという気持ちも伝えたいという心理も読み取ってもらいやすいかと思います。

また、プリザーブドフラワーは水やりや室温調整など、お花の世話をする必要がほとんどありません。
ですので、相手に手間をかけさせたくない、手軽に飾ってほしいといった相手への気遣いをさらに表現できるかと思います。

プリザーブドフラワーの花束って?

プリザーブドフラワーの色ごとの心理的な印象とは?

プリザーブドフラワーの色ごとの心理的な印象とは?

プリザーブドフラワーを贈る心理や意味については、気遣いやお祝いを兼ね備えているといった内容でした。
しかしお花にはさまざまな色があり、与える心理的なイメージが異なります。

続いてお花の色には心理的な効果や意味について説明していきます。

プリザーブドフラワーの色選びの参考にしてみてください。

色がもたらす心理的な効果って?

暖色・寒色・中性色と色は大きく分けて、3つに分類できます。

暖色」は、あたたかみを感じさせる色。
寒色」は、爽やかな印象を与える色。
中性色」は、暖色でも寒色でもない色、個性的な色。

暖色の心理的イメージは?

暖色の代表「赤」は見た人に活気や情熱を与えたり、感じさせることができます。
インパクトがあり、縁起のいい色としても人気です。
お祝いごと向きで、特に還暦祝いや記念日のお祝いとして最適です。

「ピンク」は優しさや上品さを与えます。かわいさの印象も強いので女性にプレゼントすると喜ばれやすいです。
清楚で癒し系から華やかでエレガント系まで色の柔らかさで与える印象を変えることができます。

「オレンジ」は親しみやすく陽気さな印象を与えます。
空間を明るくできるのでお祝いごと全般や、お見舞いにも人気の色です。

「黄色」は希望や快活といった印象を与えます。
温かさを与えることができるのでお祝いごとに利用すると良いでしょう。

寒色の心理的イメージは?

寒色の代表「青」はさわやかで涼しげな印象を与えます。
誠実感、信頼感を感じさせるので落ち着いた雰囲気を提供できます。

「水色」は開放的な印象を与えます。
リラックス効果もあると言われており、万人受けする色になります。

中性色の心理的イメージは?

中性色の代表「紫」は優雅な印象を与えます。
一方で「薄い紫」気品とはかなさを与えます。
紫は高級感や大人の雰囲気を出したいときに使うといいでしょう。

「緑」は癒し、安らぎといった印象を与えます。
落ち着いた雰囲気を作るのに最適な色でしょう。

心理的印象は渡すシチュエーションやプリザーブドフラワーの色によって変わる!

今回はプリザーブドフラワーをプレゼントする意味や心理について解説してきましたがいかがでしたでしょうか。

渡す相手やお祝いの内容によってプリザーブドフラワーに適しているか、花の色はどれが適しているかというのを考えてみるといいでしょう。

色については店員さんにプレゼントする経緯を説明すれば、一緒に選んでくれるところが多いです!
一度プリザーブドフラワーのプレゼント、検討してみてはいかがでしょうか。