ヒペリカムの種類と花言葉

ヒペリカムの種類と花言葉

花束やリースなどによく使われる赤と緑の実、一度は見たことがありませんか?
ヒペリカムは一年中手に入るので、お花屋さんで重宝される実ものです。
今回はヒペリカムの種類や花言葉などを、詳しくご紹介します。

ヒペリカムってどんなお花?

ヒペリカムってどんなお花?

まずはヒペリカムの基本的な情報からご紹介していきます。

  • 学名|Hypericum
  • 科名|オトギリソウ科
  • 属名|オトギリソウ属(ヒペリカム属)
  • 和名|ヒペリカム
  • 英名|Hypericum
  • 開花時期|4〜10月(種類による)

以上がヒペリカムの基本データです。

ヒペリカムは、オトギリソウ属の半落葉性低木、草花です。
原産地がユーラシア大陸の暖かい地域で、古代ギリシャでは魔除けとして像の上に供えられていました。
そのためギリシャ語で「上」という意味の「Hyper」と
「像」という意味の「ekion」が混じって名付けられました。
日本では、中国原産のヒペリカムがよく育てられています。

ヒペリカムはアレンジでどう使われる?

ヒペリカムは花束やリースなどにアレンジする際、「枝もの」「実もの」として使われます。
花としてではあまり使われることがありません。
主役ではなく、脇役になる使い方がほとんどです。

ヒペリカムの実色は赤色だけ?

花屋などでよく目にするヒペリカムはほとんどが赤色です。
1年を通して出回るヒペリカムの多くが輸入品です。
エクアドルやエチオピアなどで、大量に栽培されています。
この輸入のヒペリカムの実ですが、赤以外にも
白、ピンク、茶色、緑、黒などがあります。
秋口に出回るのが国産のヒペリカムです。
国産のヒペリカムは赤色がほとんどで、枝ぶりもいいので輸入のヒペリカムとは少し印象が違います。

ヒペリカムの種類と品種

ヒペリカムが属するオトギリソウ属は、約300種類ユーラシア大陸に自生しているとされています。
品種改良もたくさん行われているので、スプレー咲きの品種やカラフルな実をつけるものもあります。
色々な種類があるヒペリカムですが、代表的で人気の品種をご紹介します。

キネンシス

中国原産の品種で、葉がヤナギに似ているので
美容柳(ビヨウヤナギ)という名称がついています。
6〜7月に黄色の花を長い間咲かせます。

パツルム

中国原産の品種で、金糸梅(キンシバイ)と呼ばれています。
金色で梅のような花をつけるのでこう名付けられました。
江戸時代に日本に来たとされていて、ヒペリカムの本種を指す場合が多いです。

ヒドコート

パツルムをヨーロッパで品種して生まれた品種です。
50〜80センチと低いですが、6〜8センチの大きな花をつけるので
大輪金糸梅(タイリンキンシバイ)と呼ばれます。

カリシナム

ブルガリア、トルコが原産の品種で、
西洋金糸梅(セイヨウキンシバイ)や姫金糸梅(ヒメキンシバイ)と呼ばれています。
美容柳とよく似ていますが、20〜60センチしか草丈がなく低くのがこちらの特徴です。

アンドロサエマム

南ヨーロッパが原産の品種で、
1.5〜2センチほどの小ぶりの花をつけるので
小坊主弟切草(コボウズオトギリソウ)と呼ばれています。
白、赤、ピンクの実をたくさんつけるので花束などのアレンジに人気です。

ヒペリカムの花言葉

ヒペリカムの花言葉

ヒペリカムには
「きらめき」「親密」「悲しみは長く続かない」
という花言葉がついています。

光を浴びて綺麗に輝く花から、「きらめき」という花言葉がつきました。

ヒペリカムは花が散ったあとにかわいい実を残します。
花が散っても実が残る、という喜びがあるので
「悲しみは長く続かない」という花言葉がつけられました。

風水でみるヒペリカム

明るい花言葉をもつ、ヒペリカムですが
風水的にはどうでしょうか。

ヒペリカムは風水では、財運と家庭運を呼び込むとされています。
家の玄関やリビング、会社などに飾るのがぴったりなお花です。

ヒペリカムは家にも会社にもプレゼントにもぴったりで万能!

ヒペリカムはアレンジでは欠かせないお花の一つです。
枝もの、実ものですが使いやすく可愛らしい見た目で
お花屋さんには一年通して重宝されています。
花言葉も明るくてプレゼントにもぴったりです。
また、風水で見た時も財運、家庭運と
お家に飾っても会社にも飾ってもとても良い運気をもたらしてくれます。

アレンジで困った時、プレゼントのお花のチョイスなど
ヒペリカムをプラスしてみるのもおすすめです!

スナップ(キンギョソウ)の種類と花言葉って?