カラーの種類と花言葉

カラーの種類と花言葉

シンプルながら、上品で凛々しい美しさを持つのがカラーです。
ブーケにもよく使用されるため、目にしたことがある方は少なくないでしょう。
そんなカラーの種類や花言葉について、今回はご紹介します。

カラーってどんなお花?

カラーってどんなお花?

まずはカラーの基本的な情報についてご紹介しましょう。

  • 学名|Zantedeschia aethiopica
  • 科名|サトイモ科
  • 属名|オランダカイウ属
  • 和名|和蘭海芋
  • 英名|Calla lily / Arum lily
  • 開花時期|4月~7月

以上がカラーの基本データです。

カラーはアレンジでどう使われる?

カラーをアレンジする際には、「マスフラワー」として使用されます。
マスフラワーとは、花びらが多く集まり、1つの花に対してたくさんの花びらをつけるお花を指します。
アレンジにおいてはメインとなるお花です。

カラーの特徴

多年草であるカラーは、草丈が15cm~1mほどで、花の色は白色、赤、オレンジのほか、黄色、ピンク、紫と豊富です。
お花の形は、襟のような形をしており、「仏焔苞(ぶつえんほう)」と呼ばれる葉が変化したものです。
お花の本体は、中心にある黄色い棒状の部分となります。
種類によって葉っぱは三角形のやじり形や、ほこ形、ハート型もあり、茎が太いのが特徴です。
葉っぱに斑点が入る種類もあります。
まっすぐと伸びる茎が美しく、また見栄えも良いことから、切り花やアレンジメント、さらには鉢植えでも人気があります。
もしかすると切り花としての印象が強い方も多いかもしれませんが、実は庭植えなどで育てることができ、育て方もそれほど難しくはありません。
春から夏が生長、開花時期となっており、秋と冬のカラーは葉が枯れ、休眠に入ります。
カラーの語源は所説あり、「カロス」というギリシア語で美しいという意味に由来するという説、修道女の襟に花の形が似ているという説、シャツの襟に似ているという説など、様々です。
ユリのように白く美しいお花を咲かせる、ということから、英語で「カラーリリー」とも呼ばれます。
また、和名である「海芋(かいう)」は、「海を渡ってきた芋」という意味であり、江戸時代にオランダから渡来したということに由来します。

カラーの種類

カラーは南アフリカで6~8種類ほど自生している球根植物です。
原種自体は8種程度となり、少ないですが、園芸品種は約100種あるとされており、以下でも紹介しますが、色や形、大きさまでも様々です。
園芸上においては「湿地性」「畑地性」と、育てる場所によって2種類に大別されます。
日本で育てる場合では、育てやすい畑地性のものがよく使用されます。

オランダカイウ

草丈が90cmほどの、湿地性の代表品種です。
耐寒性があるうえ、強くて丈夫なため、数多くの園芸品種の元となっています。
花びらは白であり、先端から大きく広がります。

シロボシカイウ(白星海芋)

葉に白い斑を持つ、畑地性の品種です。
この品種を元に交配させたものが、ハイブリッドカラーとして知られ、園芸品種が豊富です。

キバナカイウ

シロボシカイウと同様に葉に白い斑点を持ち、オランダカイウより少し小さい黄色の仏炎苞をもちます。
別名「エリオッティアナ」や「ゴールデンカラー」とも呼ばれます。

モモイロカイウ

その名の通り、桃色の仏炎苞をつけます。
桃色だけではなく、赤やオレンジなど、他にも様々な色の仏炎苞があるのが特徴です。
別名「ザンテデスキア・レーマニー」とも呼ばれています。

カラーの花言葉

カラーの花言葉

カラーの全体の花言葉は「華麗なる美」「乙女のしとやかさ」「清浄」です。
お花の様子同様に、美しい花言葉を持っています。
ちなみに、「華麗なる美」「乙女のしとやかさ」という花言葉は、お花の名前の由来と同様に、ギリシア語の「カロス」に由来すると言われています。
「清浄」という言葉は、純白のすっきりとした花姿に由来すると言われています。

カラーの花言葉|ピンク色

ピンクのカラーには
「情熱」
という花言葉がついています。

カラーの花言葉|黄色

黄色のカラーには
「壮大な美」
という花言葉がついています。

カラーの花言葉|紫色

紫のカラーには
「夢見る美しさ」
という花言葉がついています。

西洋におけるカラーの花言葉

「pudeur(謙虚さ)」(仏)
「ardeur(情熱)」(仏)
「belleza(美しさ)』(西)

女性の美しさを表すような花言葉を持つのがカラーです。
また、シンプルな形や、真っ白なお花が花嫁を引き立たせるという点から、ウェディングブーケにもよく使用されます。
もちろん白色以外にも、ピンクや黄色など様々な色があるため、カラードレスに合わせてブーケを作成するという方もいらっしゃいます。

カラーは凛々しく上品に咲く素敵なお花!

今回はカラーについてご紹介しました。
写真を見ればわかるように、凛として上品に咲く花姿は個性的で、花束にもぴったりと言えます。
花言葉も女性の美しさを表すような言葉ばかりであり、素敵ですよね。
さらに香りも良いため、上品なカラーがウェディングブーケによく用いられるというのも納得がいきます。
女性へのプレゼントはもちろん、インテリアとしても良いと言えるでしょう。
ぜひカラーを使用したブーケを、大切なパートナーへプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

ワレモコウの種類と花言葉って?