プリザーブドフラワーは枯れる?どれぐらいで?

プリザーブドフラワーは枯れる?どれぐらいで?

プリザーブドフラワーという言葉をご存知でしょうか。

プリザーブドフラワーは一般的な生花に特殊な加工を施し、
見た目はほぼそのままで、お花として長期的に楽しんでいただけるようにしたものになります。

また生花の場合だと必須になってくる、水をやるお世話をする手間も不要のため、
最近贈り物としての人気が急上昇してきています。

ただ、そんな人気のプリザーブドフラワーですがいくら長期間美しさを失わないといえども、
お花、生花であることには変わりありません。

いつかは枯れる時がきます。

今回はプリザーブドフラワーは実際に枯れるのか、長持ちさせるにはどうしたらいいのかといった部分についてご説明していきます。

プリザーブドフラワーを贈り物として検討されている方、
大切な人に何かプレゼントを渡したいけど、何をプレゼントしていいかわからないといった方は、
ぜひ参考にして見てください。

2020年プレゼントにおすすめのお花は?

プリザーブドフラワーの特徴って?

前述のようにプリザーブドフラワーは生花と変わらない外観を持っています。
また特殊な加工のため美しさを長く保つことを可能にしています。
その長期間保存ができるという利点と豊富なカラーバリエーション、アレンジメント性の高さから
大事な記念日、結婚式や誕生日のプレゼントとして近年とても人気が出てきています。
また場所をあまりとらない場合が多く、玄関やリビングルームに気軽に飾って楽しむことができます。

プリザーブドフラワーの「プリザーブド」は英語で「preserved」です。
直訳すると「保存された」という意味になります。
プリザーブドフラワーは生花の最も美しい時期に色素を抜き取り、特殊な加工を施しています。

長期間枯れることがなく、水やりといった大きな手間がかかることがないことが大きな特徴になっています。
また生花にはある花粉や香りは発生しません。
また特殊な加工を施すため生花にはない色味を出すことが可能です。
たとえばダークブルーやスカイブルー、ラベンダーパープルなどといった、実際にあれば嬉しい色味もプリザーブドフラワーでは再現可能です。

プリザーブドフラワーの保存期間の目安は?

プリザーブドフラワーの生まれはヨーロッパになります。
現地のヨーロッパではは比較的湿気が少ないということもあり、5年から10年美しさは保たれるといいます。
要は10年近くは枯れることがない花であるということです。

ただ、日本はヨーロッパとは天候が違えば、湿気の多さも違います。
ヨーロッパのようのに長期間保存をするにあたって工夫をしなければいけません。
とはいえ安心してください。
保存する状態に少し気を配るだけで5年以上はいい状態を保つことが可能になっています。
実際にその保存方法を解説していきましょう。

プリザーブドフラワーを長期間保存する方法!

プリザーブドフラワーを長期間保存する方法!

実際にできるだけ長くプリザーブドフラワーを長期間保存した方から伺った方法を記していきます。

やはりプリザーブドフラワーといってもお花、生き物に変わりはありません。
長期にわたって美しさを楽しむためには、快適な環境を準備してあげる必要があります。
プリザーブドフラワーにとって快適な環境を保つために、まずは次の2つのことに気を配りましょう。

高温多湿はNG

プリザーブドフラワーは見ための美しさや長期間保存ができるといった部分でどこか強いイメージをお持ちの方が多いかと思いますが実際はデリケートな存在です。

特に高温多湿の環境が最も良くないと言われています。
高温多湿の状況下では花びらの透明化や液だれ(着色液がしみ出てしまうこと)、ひび割れなどといった美しさを損ねることしか起こりません。

実際にどの環境が適切かという部分ですが、
目安としては春秋ぐらいの環境を保つといいでしょう。
温度が18~25度、湿度は30~50%が理想です。

高温多湿の夏場は、空調の行きとどいた場所で保管する必要があるので注意しましょう。

直射日光や強い光はNG

強い光が当たるとプリザーブドフラワーの色あせの原因になります。
直射日光やスポットライトについても同様です。
基本的には風通しの良い涼しい場所に置くのがベストでしょう。

プリザーブドフラワーに関するトラブルがおきてしまったら?

なるべく高温多湿や直射日光を避けていても、別の要因で美しさが損なわれるといったこともあります。
このようにプリザーブドフラワーに関するトラブルが起きた際の対処法をご紹介します。

ホコリが付いてしまったときは?

長期間飾るとどうしてもホコリが付着してしまいます。
しかし前述の通りプリザーブドフラワーはとても繊細なお花です。

ホコリの除去はなるべくしないようにしましょう。
しかし、どうしても気になる場合には手を使わずに、毛先の柔らかい筆タイプのチークブラシで取り払いましょう。もしくはドライヤーや扇風機の弱冷風を当ててホコリを吹き飛ばすのがいいでしょう。

花びらが透明になってしまったときは?

高温多湿の状況下では、花びらが透明になることもあります。
そのときは、プリザーブドフラワーを小さな狭い空間に移し、乾燥剤と一緒に数日間置きましょう。
状況が改善される場合があります。

衣服やカーテンに色移りしてしまったときは?

プリザーブドフラワーの着色液が衣服やカーテンに移ってしまうようなトラブルもあります。
付着した色は専用の着色液なので落ちにくいです。なるべくすぐにティッシュなどで拭き取りましょう。
拭き取っても色が落ちない場合は、クリーニングへ出す必要があります。
ですのでカーテンの近くや衣服が触れるような場所への設置はおすすめしません。

枯れないためのポイントを押さえてプリザーブドフラワーを長持ちさせる!

枯れないためのポイントを押さえてプリザーブドフラワーを長持ちさせる!

プリザーブドフラワーは実際に枯れるのか、長持ちさせるにはどうしたらいいのかといった部分についてご説明してきましたがいかがでしたでしょうか。

高温多湿を避けることができれば、5年近くも枯れずに持たせることができます。

贈り物の際には保存方法も簡単に教えてあげるといいでしょう。