プリザーブドフラワーのプレゼントは失礼になる?

プリザーブドフラワーのプレゼントは失礼になる?

最近、特別な日の贈り物として人気のあるプリザーブドフラワーをご存知ですか?
「枯れない花」として知られ、その美しさは数年はもつと言われています。
素敵なお花であるプリザーブドフラワーですが、実は贈らない方がいい場合があるということをご存知でしたか?
今回は、どのような場合にプリザーブドフラワーを贈らない方が良いのかなどについてご紹介します。

プリザーブドフラワーって?

「preserved」は日本語で「保存する」という意味を持っています。
プリザーブドフラワーは、生花が一番美しい状態のときに、花から水分を抜いて、代わりに保存料を入れるという特殊な加工が施されたお花です。
この保存料により、生花のように生き生きとした状態のまま、長い間保存することが可能となっています。
また、水分と共に色も抜け落ちるため、染料で染める加工も同時に施されます。
そのため、プリザーブドフラワーは生花が持たないスカイブルーなどといった様々なカラーバリエーションを持ちます。
美しく、カラフルで華やかなうえ、長期間保存することができるという点から、贈り物として人気があるのです。

プリザーブドフラワーを贈るのは失礼?

さて、プレゼントとして人気のあるプリザーブドフラワーですが、それがかえって失礼にあたる場合はあるのでしょうか?
プリザーブドフラワーは、贈る相手と場合さえ注意していれば、問題ありません。
まず、風水の考えを取り入れている人に贈る場合です。
風水において、家には生のエネルギーをもつ生花を飾るのが良いと考えられており、造花を飾るのは良くないと言われています。
プリザーブドフラワーも生花とは言えないため、良くないとする考え方があります。
風水を重要視している方に贈る場合は注意しましょう。
次に、プリザーブドフラワーを知らない方に贈る場合です。
フラワーギフトといえば、生花を贈るのが基本であり、造花を贈るのはマナー違反となります。
プリザーブドフラワーは生花に加工をしてあるため、生花でも造花でもない加工花と言うことはできます。
しかし、プリザーブドフラワーを良く知らない方からすると、生花ではないため、造花だと捉える方もいるでしょう。
そういった方にプリザーブドフラワーを贈った場合、マナー違反と思われてしまう可能性があります。
母の日・父の日、敬老の日のフラワーギフトでプリザーブドフラワーを贈ることを検討している方は、事前に相手に了承を得ておくことをした方が良いかもしれません。

プリザーブドフラワーは通販がおすすめ?

仏花として贈るのは良い?

基本的に、仏様に対しては生花をお供えするのが基本となります。
そのため、仏花として贈る際にもマナー違反とされるようです。
ただし、プリザーブドフラワーは造花ではなく、また、現在は様々なライフスタイルや考え方が認められるようになってきています。
それにより、近年はプリザーブドフラワーの仏花も問題ないという場合が増えてきています。
すぐに枯れることはないといった理由から、相手のことを考慮してプリザーブドフラワーを選びたいという場合には、相手に確認を取ってからにするのが良いでしょう。

プリザーブドフラワーはお見舞いに良いの?

プリザーブドフラワーはお見舞いに良いの?

プリザーブドフラワーをお見舞いとして病院へ持参するというのは良いのでしょうか?
実は、持参しても問題ありません
病院によっては、花粉を病院内に持ち込ませないために、生花の持ち込みを禁止している場合があります。
もちろん、様々な患者さんがいるため、お花の匂いが苦手といった方を考慮してというのも理由の一つです。
更に、生花の土などに含まれている病原菌や細菌も、感染症の原因になりうるため、生花の持ち込みが禁止されるのも納得の理由です。
その点、プリザーブドフラワーは匂いや花粉がなく、細菌や害虫の心配もないため、持ち込みが可能なのです。
また、手入れが必要ないうえ、病院自体がプリザーブドフラワーを保存する環境に適しているというのもお見舞いに問題ない理由と言えます。
ただし、プリザーブドフラワーをお見舞いとして持ち込む場合にもマナーはあるため、注意しましょう。
まず、赤系と白系のアレンジは避けてください。
赤は「血液の色」を連想させ、白はお悔やみの花やお供えの花によく使用される色であるため、お見舞いとして贈るのには不適切と言えます。
また、4や9といった縁起の悪い本数にも気を付けてください。
4は「死」、9は「苦」を連想させます。
いずれも、気にしないという方もいるかもしれませんが、常識知らずと思われてしまうかもしれないため、注意しましょう。

時と場合を弁えれば、プリザーブドフラワーはプレゼントに良い!

時と場合を弁えれば、プリザーブドフラワーはプレゼントに良い!

今回はプリザーブドフラワーをプレゼントするのは失礼となるのかお話しました。
贈る相手や、場合さえ間違えなければ、失礼となることはありません。
生花と考え方は大差ないと言えるでしょう。
これまでプリザーブドフラワーを贈ることをためらっていた方も、ぜひ一度プレゼントにプリザーブドフラワーを選んでみましょう。