第1・3 水曜日 ( 豊中 )にお届けしたお花

【お知らせ】

次回のお届けは2月3日(水)の方、2月4日(木)の方がいます。

2021年1月20日(水)のお花

【お花の名前】

【花言葉】

持続、エキゾチック

感動、純粋な愛情

永遠の美、愛情の絆

変わらぬ心、途絶えぬ記憶

お花のお手入れ方法はこちら

お花を長持ちさせるコツはこちら

お花をセンス良く飾るコツはこちら

初回のお客様

【お花の名前】
バラ

【花言葉】
赤:情熱|ピンク:上品|黄:友情 etc.

バラのお手入れ方法

バラはとても人気があり、美しいお花ですが、長く持たせるにはしっかりとしたお手入れが必要です。
バラが届いたら、いらない葉っぱやとげは取り除きましょう。

開き過ぎていたり、傷がついてしまった花びらは根元から取ってあげると、綺麗なバラを長く楽しめます。

頭をもたげていたり、ぐったりしているときは、お花がまっすぐになるように新聞紙でくるみ(ギブスのように)、茎の丈の半分くらいの深いお水に付けて、2時間ほど放置してから、新聞紙を取ってください。

2020年12月16日(水)のお花

【お花の名前】

【花言葉】

栄光、勇敢、頑固

希望、常に前進

きらめき、親密

清らかな心、無邪気

お手入れ方法

ガーベラ

ガーベラを飾るときは、花瓶の水を少なめ(2~3㎝)にしましょう。
たくさんのお水の中に入れてしまうと、茎についている細かい毛が水に溶け、バクテリアが繁殖しやすくなります。
お水の中にバクテリアが繁殖すると、茎の切り口に汚れが付着し、お水が吸えなくなってしまいます。
少なめの水で、こまめに水を交換し、毎回茎元を切ってあげると、新鮮な切り口からお水が吸えるため長持ちします。

ヒペリカム

ヒペリカムの葉っぱは黒くなりやすいので、黒くなったり茶色くなった葉っぱは取ってあげましょう。
枝が太い場合は、茎を縦に割るように切ってあげると水上がりが良くなります。

2020年12月2日(水)のお花

【お花の名前】

【花言葉】

永遠の美、愛情の絆

求愛、豊かな愛

女性の愛、感覚

内気、振り向いて

2020年11月18日(水)のお花

【お花の名前】

【花言葉】

わがままな愛、有能

一緒に踊って、可憐

きらめき、親密

2020年11月4日(水)のお花

【お花の名前】

【花言葉】

純粋、無垢、威厳

純粋な愛情、感動

内気、振り向いて

2020年10月21日(水)のお花

初回のお客様

【お花の名前】
バラ

【花言葉】
赤:情熱|ピンク:上品|黄:友情 etc.

生花のお手入れ方法をもっと詳しく